人為的学習障害

query_builder 2021/06/01
ブログ
文章問題 思考力 計算スピード

反射式プリントが作り出す人為的学習障害(ALD)

   

小学生のうちで、速くていいのは「10の補数」と「九九」だけです。

他の計算まで速くしてはいけません。速くて悪いことはないと思っている人が大勢いらっしゃいますが、速くてはいけないこともあるのです。

 特に幼児期の学習でスピードを付けることほど危険なことはありません。

なぜなら、考える力を養成すべき時期には速さが一番の大敵となるからです。

「作業と思考は反比例する」ということをご存知でしょうか。  

例えば、単純作業を速くしようとする場合を考えてみて下さい。

単純作業を速くするには、何も考えないで作業に没頭する必要があります。

また、速い作業をしている時に何かを考えようとしても考えられません。つまり、速い作業は考えることを妨害する作用があるということです。

大人でもそうですが、計算を速くしている時には、頭の中では思考が止まっています。

高速計算は、作業(反射)であって思考ではないからです。

速い作業(高速計算)をしている時には頭の中では「考えるな」という指令が出ているということです。

ですから、幼児期に一番注意しなければいけないのは、高速学習なのです。

高速学習は、反射的に処理することを要求していると同時に「考えるな」という指示を出しているのです。

そこには「考える力」を生み出す要素は何もないということです。

集中しているという人がいますが「考えない集中力」をどんなに付けても思考力は育ちません。集中力には「考える集中力」と「考えない集中力」があるのです。

幼少期にスピードと「できた」という結果だけを追い求めて、じっくり考えられなくなってすまう症状を人為的学習障害(ALD)といいます。

早口言葉を計算や速読や大量暗記にしても同じです。

 

NEW

  • 子供は天使

    query_builder 2021/06/17
  • イメージが溢れ出す子

    query_builder 2021/06/12
  • 読解力は育っていますか?

    query_builder 2021/06/10
  • 計算問題はほんの少しでお願いします

    query_builder 2021/06/09
  • 授業前の風景

    query_builder 2021/06/05

CATEGORY

ARCHIVE